ぎょぎょぎょっ!な屋根。雀宮S邸、屋根改修工事

 

うちの会社で三回目だと言うS邸屋根。

信じられないけど屋根下地にルーフィング張って胴縁で留めただけの状態(つまり未完成)で2年間も放置された様子、雨漏りして当然です。

垂木を取付けて再度合板を張って嵌合式(かんごうしき)立平葺きで納めました、この5/100位しかない勾配でも大丈夫。



宇都宮市内、国道四号線沿いの街中、車の往来も激しい場所で、

クレーンを使っての荷揚げは、冷や汗ものでした…。

(貴重なクレーンでの荷揚げ写真撮っておけばよかった…!泣)